2021年最新スマホワーク特集! ~株式会社チケット・メイクライブ~

株式会社チケット・メイクライブのネット副業で登録・口コミ評判を検証

特定商取引法に基づく表記を書く必要性

time 2021/09/06

なぜ特定商取引法に基づく表記を書くのか?

ネットショップや通販サイトで商品を売るときは特定商取引法に基づく表記を書く必要があり、事前に記入する内容を理解する必要があります。
最近ではインターネットの普及で通販サイトを利用する傾向があり、わざわざ店に行かずに自宅に注文した商品を届けてもらえて便利です。しかし、対面販売ではなくスタッフと利用者が顔を合わせることがなく、信用できるか不安になる傾向があります。

このため、消費者トラブルが起きてチャンスロスを防ぐためガイドラインを設定し、お互いに不利益を被ることがないようにしていることが特徴です。
特定商取引法に基づく表記は安心して取引をすることを約束する役割があり、より多くの利用者を集めるきっかけを作れます。

どのような項目を明記するのか

特定商取引法に基づく表記は以下の項目を明記する必要があり、記入漏れがないようにしないといけません。
記入する項目は販売業者、運営統括責任者名、所在地、商品代金以外の必要料金の説明、申込有効期限、不良品に対する取り扱い方、販売数量、引渡し時期、支払い方法、お支払期限、返品期限、返品送料、資格免許、屋号またはサービス名、電話番号、連絡先メールアドレスがあり、空欄を作らずにすべて埋めるだけで信用度が上がります。

しかし、不完全な内容や空欄が複数個あれば信用できないと思われ、チャンスロスになるため事前にすべて記入できる状況にして取引を始めることが望ましいです。
利用者は特定商取引法に基づく表記があれば安心して利用できると判断しやすく、信用を強化できるようニーズに応えると利益を確保できます。

記入するときの注意点

特商法は消費者庁が消費者トラブルを防ぐために定め、特定商取引法に基づく表記をきちんと記入して信用されるようにする必要があります。

記入する項目は住所はきちんと郵送ができるよう枝番まで表記し、電話番号は携帯電話では解約をしやすく信用が低くなり固定電話またはフリーダイヤルの番号を準備することが大事です。

また、メールアドレスはコミュニケーションをしやすくするために用い、不良品に対する取り扱い方に沿って信用を失わないように対処しないといけません。
特定商取引法に基づく表記はきちんと覚えればそれだけで消費者に選んでもらえ、継続して利益を出せるようにすることができます。

しかし、きちんと記入されていないと信用を失うことになり、責任を持って情報公開をすることが大事です。